定期テスト対策について

更新日:2021年9月3日

 老司中学校は中間考査まで1週間を切りました!また、柏原中学校も定期テスト対策に突入しました。


 さて、冒頭にあります今回の定期テスト対策の内容について触れてみます。先ずは何はともあれ学校への提出物は大事です!

 通知表への評価にもつながりますし、定期テストに出題される問題は授業中に配られるプリントに加え、各教科にあるワークの中から定期テストに出題する学校も少なくありません。


 アシスト福岡南では学校への提出物は期限前に提出することに拘ります。また、各教科のワークは最低でも1週間前に終了しないと(教室では2週間前に終了を推奨しています)繰り返し問題に取り組むことができません。


 そして、答えを丸写しにしても全く意味がありません。加えて言えばサーっと解答を丸写しをする生徒は答え合わせも雑になりますから間違えた答にも丸を付けていたりします。


 学校の先生もそのようなワークをみれば、どのような取り組みをしていたのか直ぐにわかります!それだけに私たち講師が直接、生徒のワークを細かく見て指導をしています。


 また、ワークの問題は一つ一つ実力で解かせ、そして、間違えた問題を再度取り組める環境を整えています。さらに、最低限のそこまでの勉強が終了したら次は授業プリントへ取り組み、それも完璧になれば過去問を解きます。


 そして、それも完璧ならば教室オリジナルのプリントをやってもらいます。また、英単語と漢字は1週間前から毎日テストを行います。その暗記のサポートとしてモノグサというアプリを生徒全員に提供しています。


 やるべきことをスムーズに行い結果を出していく・・・どこのタームまで進めるか本人次第ですが学力が上がれば自然と進むものです。


 授業内容に沿ったものを試験前は徹底的に取り組む!普段は授業の先取りを行い、授業が復習になるような環境をアシスト福岡南は提供しています。




閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示