top of page

勉強で困らないために③

更新日:2022年2月19日

昨日は「語彙力を高める」=

「知らないことをスルーしない」

という事について書きました。


何故そのままにしておくのだろう?

私は不思議です。


例えば部屋が汚い状態で平気ですか?

不衛生な状態のところでは

美味しくご飯は食べられませんよね。


こまめに掃除をする習慣が

ついていればそのような事態は

考えられません!


そうです!

つまり、習慣にすることです。


人間は習慣の生き物だと言います。


現代人は1日3食の文化ですが

江戸時代までは1日2食だったそう。


私も以前は

1日3食の生活スタイルでしたが

現在は2食で済ませています。

慣れるという事です。


では、スルーする癖を

どう矯正するかですね!


お子様がまだ未就園児や

小学校入学前なら


それまでに習慣化すると

お母様は非常に楽です。


お子様も息をするように

知らないことに対し調べることが

できるようになるでしょう。


ではどうしたらよいかという事ですが

私からの提案ですが


子どもがよくいる場所に

辞書や辞典を置くこと。

現代ではスマホやPCですかね。


ただ、スマホだとSNSなどの

ポップアップ通知があります。


調べることに対し集中してやるのは

難しいかもしれません。


お子様が小さいうちは

なるべく図鑑や辞書を使い

調べることをおすすめします。


子どもの部屋に辞書や参考書を

並べているご家庭もありますね。


宿題をやる場所であったり

家族でTVを見ているときに

分からないことを調べるとしたら


そのような場所に置いておく

という方が効果的です。


つまり、

直ぐに調べられる環境づくりが

大事であるという事です。


保護者様のちょっとした工夫で

お子様は大きく変われますので

是非試してみてください。


本日はここまでです。

ではまた次回を読んでくださいね。



閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page